MENU

認知症かなと思ったら

人間、歳を重ねるごとに記憶力や判断力が衰えることは確かです。
記憶力
だから、もしかしたら認知症になったかなと思うことも一定の年齢を超えれば起こりがちになります。

 

そんなときには、どうしたらいいかというと、セルフチェックリストで、まずは自分の日頃の行動を確認してみるのも一つの方法です。

 

ネットでも様々なチェックリストを検索することができますが、そこでの設問はおおよそつぎのようなものとなっています。

 

  • 今日の日付を言えますか
  • いつもの道なのに迷ってしまうこともありますか
  • 使い慣れている道具のはずなのに、使い方が分からなくなることがありますか
  • 簡単な計算でも間違い易くなっていますか
  • 人と会ったり、おしゃべりすることが面倒になってきていますか
  • 普段の仕事、たとえば料理や洗濯などの段取りがうまくできないことがありますか
  • 水道やガスを止めることを忘れがちですか
  • 分かっているものの名前が口から出ないことがありますか
  • 同じものを再び買ってしまうことがありますか
  • 同じことを何度も聞いたり話してしまいがちですか
  • 趣味などでこれまでやってきたことへの関心が薄くなってきましたか

 

ということで、その機関によっても異なりますが、一つか二つにチェックがつくと認知症の疑いがあるということになっています。

 

今日が何日かなどということは、認知症でなくても、「あれ?」ということもあるはずですから、イコール認知症ということではないはずですが、チェックしながら不安があるようであれば、専門医に早めに相談するのが一番です。

 

どのような病気もそうですが、認知症も軽い内の早期発見早期治療が進行を抑える決め手だからです。